アレルギー疾患、難病、癌

プロバイオティックスでアレルギーや癌を予防する会

Probiotics

 

各種の疾患 アレルギー性疾患、難病、癌は人間の気がつかない細菌によって、引き起こされることがわかってきました。人間の体には1000種類、約60-120兆(人体の細胞数60兆)、重さにして1.5kg(肝臓の重さ1.5kg)で、その細菌の主なすみかは大腸です。

  各種の細菌は自分自身でインターロイキンを分泌し、またマクロファージを通じて分泌させ、慢性の炎症を引き起こします。慢性炎症は各種の病気を発生させます。Probiotics(プロバイオティックス)という言葉があります。これは健康に寄与する細菌を利用して病気を防ごうという考え方でその主役が乳酸菌です。乳酸菌はSCFAs(お酢、プロピオン酸、酪酸)を分泌、それが各種細胞に作用してペプチドを作り健康に良好な状態を作り上げます。GLP-2は病原菌の増殖を抑える作用があります。病原菌とプロバイオティックスのアンバランスをdysbiosis(ディスバイオウシス)といいます。dysbiosisを改善することにより各種アレルギー疾患、難病、癌を予防することが可能となります。

Probioticsで各種病気を予防する会を設立予定です。興味のある方はご参加ください。

 

 

 

アレルギー疾患、難病、癌の予防的治療

 

対象者

虫歯のひどい方

口臭の強い方

(妊娠希望の方)

肥満の方

糖尿病の方

肉食の方

大腸ポリープのある方

術後癌再発予防

家族に大腸がんの人が居る方

うつ病アルツハイマー病が心配な方

肌荒れが心配な方

下痢・便秘をしやすい方

 

 

適応疾患

(予防または進行を防げると考えられる病気)

消化器疾患

 

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)虫垂炎 不眠による胃腸障害 過敏性腸症候群

便秘 帝王切開児 下痢

大腸がん

心血管疾患1969 1971 1972 1973

 

高コレステロール血症

心不全

高血圧症

不眠による動脈硬化

自己免疫疾患1975

慢性関節リウマチ

全身性エリテマトーデス

多発性硬化症

(炎症性腸疾患)

強直性脊椎炎

精神神経疾患

ストレス 不安神経症 うつ病

アルツハイマー病

パーキンソン病1532

自閉症 統合失調症

代謝性疾患

肥満

糖尿病 非アルコール性脂肪肝

アレルギー

アトピー性皮膚炎

尋常性乾癬

癌予防と癌に伴う症状の軽減

 

泌尿器疾患

尿路感染症の治療と予防

 

婦人科疾患

細菌性膣炎の治療と予防

妊娠出産に関わる各種疾患

 

検 査

唾液検査 10000

歯周病関連菌

1.        A.actinomycetemcomitans Aa

2.        P.gingivalis (Pg)

3.        P.intermedia (Pi)

4.        T.forsythensis (Tf)

5.        T.denticola (Td)

6.        F.nucleatum Fn

@唾液採取による方法 

およそ10分程度で検査は終了します。検査の結果が判明するまでには、おおよそ2〜3週間程度の時間を要します。

 

予防と治療

初回相談料305000円 医師との面談(予約制)

ベルベリン投与  3500/

ビオラクチス散500g   5400/

Ilog Maria 30ml  3500/1本(歯周病予防)

お問い合わせ

メールフォーム